舟崎克彦さんを偲んで2

あの日から1年…。

舟崎克彦

舟崎さんが旅立たれて今日で丁度1年経ちました…。今だに何だか現実ではないような心持ちです。
「舟崎です!やあ元気?時間が空いていたら吉祥寺で一杯どう?とりあえず近江屋に6時集合で」という渋い声の電話が今でもかかってきそうでなりません…。
この写真は『たんていピンポン!!』が出来た時に本に挟み込んであったチラシのものです。いい感じの表情をされていたのでUPしてみました。ついでにそのチラシにあった紹介文もお人柄を偲ばせるものがありますので載せてみますね。

たんていピンポン・幼年童話
「本のなかではどこへでも行ける」
 この物語の主人公ピンポンは、ロンドンで優雅(?)なひとり暮らしをしている中年の探偵です。子ども向けの本なのに? と思う方もいるかもしれませんが、きっとそれは、おとなの意見です。子どもたちは、おとなが思っているほど子どもではないし、もっとおとなの世界を知りたいと思っているはずです。「たんていピンポン!!」は、そんな子どもたちとおとなの世界とをつなぐ扉……生きていればいろんなことがあるし、大変なこともあるけど、それはすごくおもしろいものだし、「おとなって、けっこういいよな」と感じてもらえる一冊です。 本を開くと、そこには未知の世界が果てしなく広がっています。この本を読んでくれるすべての子どもたちに、冒険心と新しい発見を贈ります。


舟崎克彦・幼年童話

仏頂面のブルドックの探偵ピンポンのイメージは野村克也。奔放でピンポンを振り回すネズミのお嬢さんのイメージは神田うの、ということをおっしゃっておられましたが、ピンポンは間違いなく舟崎さんご自身を投影されたものでもあったと思います。 出来の悪い一人でポッンとしている学生ほど気になり、大きなキャパで手を差し伸べるタイプの心優しい先生でした…。

尚、現在、豊島区新庁舎3階西面で、追悼企画「舟崎克彦と豊島区」11月30日まで展示されています。
お近くにお寄りの際は是非のぞいてみてください。
スポンサーサイト

舟崎克彦さんを偲んで

舟崎克彦さんを偲んで

舟崎さんが旅立たれて丁度半年が過ぎました....。去年の10月21日に大学の教務課で舟崎さんの訃報を聞き、余りにも突然だったのでショックで愕然としました。その日はどうやって帰宅したか記憶がないくらいです。亡くなられたとは知らず、10月15日の夜にご機嫌伺いのメールをお送りしても、いつもの様にすぐに返信がないので気にはなっていたんですが、こちらは検査等々で遅れているのだろうと勝手にいいように思っていました....。舟崎さんのお気持ちを配慮し、近親者のみなさまのみのお葬式・告別式だったので、ぼくたちは何のお別れの機会などがないまま今日を迎え、どうも未だに実感がなく漠然とした日々を過ごしております。
舟崎克彦
相変わらず舟崎さんといつもご一緒した吉祥寺で深酒をすることがあって、ついつい舟崎さんのことを思い出します。あるお正月では、家に送られた来たカニが小さい冷凍庫に入らず、それを肴に呑みませんかとお宅へお邪魔して、気がついたら3日間呑み続けていたことも懐かしい思い出です。しかしよくいろいろな美味しいものをご馳走になり、そして杯を交わしました。最後に呑んだのは去年の5月14日「児雷也」の担当編集者さんと3人で1日かけてタクシーに何度も何度も乗り換え取材し、終えてから不忍池の近くの老舗鰻割烹「伊豆栄 不忍亭」で鰻で一杯やったこと。そしてJR吉祥寺のホームの階段を下って行く白い帽子と白い麻の上下の後ろ姿を見送ったのが最後の最後となりました....。考えてみると、最初に仲良くなったきっかけも吉祥寺の公園口を出たすぐでバッタリお会いしたのが始まりでした....。

舟崎克彦
いや〜寂しいです。そして最後にあれ程楽しみにされていた「児雷也」の打ち上げが出来なくて本当に残念でした。最後の作品、ご一緒出来て心から幸せでした。そしていつも嫁も含めて可愛がったいただき感謝の気持ちでいっぱいです!!!

舟崎さんからは「何だ~、死ぬのってこんなに自由で素晴らしいことだったのか~!現世を生きている時は思いつかなかったけど、こんなのを創作で書いてみたかったな。真実は想像を超えて本当にすごいな~~!!!荒木くんも早くこっちへ来て一杯やれば楽しいのに...」ってお声が聞こえて来そうですけど。
今頃は堀内誠一さんやエンデさんと語らいながら心置きなくグラッパを呑まれているのでしょうね。
舟崎克彦
こちらはもう少しこの世での用事を片付けたら、またカニでも手土産をぶらさげてそちらへ伺いたく思います。ので、それまでお元気で舟崎先生〜!
プロフィール

荒木慎司

Author:荒木慎司
神戸市生まれ。東京都在住。

CGクリエイター
装画装丁家
絵本作家
■1995年小学館の月刊おひさま創刊号より『ファンファン・ファーマシィー』作/柏葉幸子・絵/荒木慎司を連載し、1997年『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』としてテレビアニメ化(小学館・テレビ朝日・東映アニメーシヨン)され、同時にマーチャンダイジング展開(バンダイ・バンプレスト・アサヒコーポレーション・キングレコード・ユニバーサルビクター・セイカノート・マックスファクトリー・森永製菓など)された。

■絵本では『ゴーヤーマン』全4巻 インターメディア出版・長崎出版。
『世界にたった2人の君とぼく』ダイヤモンド社
◉ASIAGRAPH 2008 in Tokyo-ASEAN+3CGアートギャラリー公募第一部門 優秀作品。
◉第39回現創展キャラクターアート部門にて銀賞受賞。

■幼年童話では『たんていピンポン!!』小学館 作/舟崎克彦など 。

■『話を聞かない男、地図が読めない女』主婦の友社、『カエルを食べてしまえ!』ダイヤモンド社、『五代目柳家小さん落語全集』小学館などの装画装丁多数。
◉『嘘つき男と泣き虫女』主婦の友社で第10回 APPA(アジア・太平洋出版連合)出版賞 一般書籍部門銀賞受賞。
◉2013年『変身』カフカで東京装画賞 会員賞受賞。

●当ブログに含まれるコンテンツ(画像、文章、映像等)の無断使用(転載・複製や配布)を禁じます。
Copyright (C)2010 Shinji Araki All rights reserved.

お仕事ご依頼・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する