スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックデザイン016

笑われたくない!(2016年)
作=手嶋ひろ美 絵=大庭賢哉
装丁=荒木慎司
文研出版/A5判上製120ページ/本体¥1,200
発売日:2016/9/30 ISBN978-4–580-82303-7 C8393

装丁/児童書
笑われたくない!

児童書/雑誌010

児童書/雑誌010
「日本児童文学」創作連載
『杏橋グラデーションマップ』(2016年)
作=くぼひでき
タイトル絵=荒木慎司
小峰書店

子児童文学・イラスト
第5回/2016年9・10月号
第6回/2016年11・12月号

舟崎克彦さんを偲んで2

あの日から1年…。

舟崎克彦

舟崎さんが旅立たれて今日で丁度1年経ちました…。今だに何だか現実ではないような心持ちです。
「舟崎です!やあ元気?時間が空いていたら吉祥寺で一杯どう?とりあえず近江屋に6時集合で」という渋い声の電話が今でもかかってきそうでなりません…。
この写真は『たんていピンポン!!』が出来た時に本に挟み込んであったチラシのものです。いい感じの表情をされていたのでUPしてみました。ついでにそのチラシにあった紹介文もお人柄を偲ばせるものがありますので載せてみますね。

たんていピンポン・幼年童話
「本のなかではどこへでも行ける」
 この物語の主人公ピンポンは、ロンドンで優雅(?)なひとり暮らしをしている中年の探偵です。子ども向けの本なのに? と思う方もいるかもしれませんが、きっとそれは、おとなの意見です。子どもたちは、おとなが思っているほど子どもではないし、もっとおとなの世界を知りたいと思っているはずです。「たんていピンポン!!」は、そんな子どもたちとおとなの世界とをつなぐ扉……生きていればいろんなことがあるし、大変なこともあるけど、それはすごくおもしろいものだし、「おとなって、けっこういいよな」と感じてもらえる一冊です。 本を開くと、そこには未知の世界が果てしなく広がっています。この本を読んでくれるすべての子どもたちに、冒険心と新しい発見を贈ります。


舟崎克彦・幼年童話

仏頂面のブルドックの探偵ピンポンのイメージは野村克也。奔放でピンポンを振り回すネズミのお嬢さんのイメージは神田うの、ということをおっしゃっておられましたが、ピンポンは間違いなく舟崎さんご自身を投影されたものでもあったと思います。 出来の悪い一人でポッンとしている学生ほど気になり、大きなキャパで手を差し伸べるタイプの心優しい先生でした…。

尚、現在、豊島区新庁舎3階西面で、追悼企画「舟崎克彦と豊島区」11月30日まで展示されています。
お近くにお寄りの際は是非のぞいてみてください。

Kindle版10月10日配信スタート!

大人にも読んで欲しい絵本
『世界にたった2人の君とぼく』[Kindle版]
かけがえのないものを探しているあなたへ
SHINJI ARAKI COLLECTION1

著=荒木慎司 出版社=ダイヤモンド社
発売日=2016/10/10 Kindle版価格=¥1,166

長い時間をかけてコツコツと作り上げたオール3D制作による最高の一冊です! 読まれたことのない方はこれを機に是非是非〜!!!
絵本・大人向き絵本・流行
ご購入はamazonにて

◉ASIAGRAPH2008 in Tokyo-ASEAN+3CGアートギャラリー公募 優秀作品
◉第39回現創展キャラクターアート部門 銀賞受賞作品

児童書/雑誌010

「よるの かんばん」(2016年)
作=山田マチ  絵=荒木慎司
指導=青木伸生(筑波大学付属小学校教諭)
監修=今井和子(元 都立女学院短期大学教授)
チャイルド本社/チャイルドブック・かんがえる11月号

子供向けイラスト・お店・商店街

子供向けイラスト・お店・商店街

子供向けイラスト・お店・商店街
プロフィール

荒木慎司

Author:荒木慎司
神戸市生まれ。東京都在住。

CGクリエイター
装画装丁家
絵本作家
■1995年小学館の月刊おひさま創刊号より『ファンファン・ファーマシィー』作/柏葉幸子・絵/荒木慎司を連載し、1997年『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』としてテレビアニメ化(小学館・テレビ朝日・東映アニメーシヨン)され、同時にマーチャンダイジング展開(バンダイ・バンプレスト・アサヒコーポレーション・キングレコード・ユニバーサルビクター・セイカノート・マックスファクトリー・森永製菓など)された。

■絵本では『ゴーヤーマン』全4巻 インターメディア出版・長崎出版。
『世界にたった2人の君とぼく』ダイヤモンド社
◉ASIAGRAPH 2008 in Tokyo-ASEAN+3CGアートギャラリー公募第一部門 優秀作品。
◉第39回現創展キャラクターアート部門にて銀賞受賞。

■幼年童話では『たんていピンポン!!』小学館 作/舟崎克彦など 。

■『話を聞かない男、地図が読めない女』主婦の友社、『カエルを食べてしまえ!』ダイヤモンド社、『五代目柳家小さん落語全集』小学館などの装画装丁多数。
◉『嘘つき男と泣き虫女』主婦の友社で第10回 APPA(アジア・太平洋出版連合)出版賞 一般書籍部門銀賞受賞。
◉2013年『変身』カフカで東京装画賞 会員賞受賞。

●当ブログに含まれるコンテンツ(画像、文章、映像等)の無断使用(転載・複製や配布)を禁じます。
Copyright (C)2010 Shinji Araki All rights reserved.

お仕事ご依頼・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。